創業ストーリー/ビジョン

1.初めて免許を取った時:「いつ、何かをしに、どこへでも」行ける気がした気持ち

2.自動運転の仕事を通じて:「まだ先が長い」と感じ、それまでに何かできるはずだと

3.自動運転がまだ先な今:移動のコストを下げるためには、「回転率を上げるしかない」

⇒現実的なコストで、ワクワクする自由な仕組みを早く作りたい!


好きな時に、好きな事をしに、好きなところへ